岡山、広島の美容整形外科クリニック比較ナビ

美容整形、美容外科クリニックでお悩みの方へ岡山、広島の美容整形で人気のクリニックを徹底調査

無料掲載申し込み

美容整形外科の施術について

日本でもあまり珍しくなくなった美容整形。外見のコンプレックスを克服し、自分に自信を持てるようになりたい方は、美容整形外科クリニックで施術を受けるのも一つの方法です。もちろん気になる方もいらっしゃると思います。このサイトでは美容整形外科でできる施術について詳しくご説明させていただきます。

二重まぶた

「目を大きくぱっちり見せたい」という方に人気の美容整形は、二重まぶたにする治療法。二重まぶたの治療法は大きく分けて2種類あります。ひとつは『埋没法』。特殊な糸を埋没させて二重まぶたを作る方法です。もうひとつは『切開法』。まぶたを部分的に、または全切開をして二重まぶたを作る方法になります。

二重まぶたの施術法 主な特徴
埋没法 まぶた部分に糸を埋没させるだけなので、施術時間も10~20分程度の短時間で治療が完了します。施術費用は切開法に比べて比較的リーズナブルで、必要に応じて元に戻したり、やり直したりすることもできます。
切開法 まぶた部分に脂肪吸引を行ったり、皮膚を切除して縫い合わせるので、二重のラインをキープさせることができます。埋没法に比べると施術時間も長く、費用も高くなり、施術後にはアフターケアのためのしばらくの通院も必要になります。

埋没法のメリットは、施術時間が短く費用がリーズナブルで、好みに応じて幅の修正ができる点です。
対して切開法は、一度施術を行うと長期にわたって二重まぶたをキープできます。脂肪を吸引したり皮膚を切除したりするため、くっきりとした平行型の二重まぶたを作るのに向いています。

【埋没法】(拳筋法)

■施術の特徴
「挙筋法」は、まぶたの皮膚のたるみが気になる方に特に適した施術方です。施術も短時間で終わり、料金も切開法と比べて比較的リーズナブルです。皮膚を切開をするわけではなく、皮膚を糸で縫い留めるだけですので、仕上がりに満足がいかなければ修正も可能です。施術後の腫れも少なく当日から洗顔ができます。メスを使わない挙筋法ですが、担当医師の技術力によって結果が分かれる施術でもあり、医師に施術実績が求められます。

【埋没法】(瞼板法)

■施術の特徴
まぶたと皮膚の裏側にある「瞼板」という箇所を糸で留めて二重にする方法。
まぶたの皮膚のたるみが少ないタイプの方に向いている方法と言われます。施術直後は糸が瞼板上に露出し、違和感がある場合もあります。また、露出した糸が角膜を傷つける場合があるので注意も必要です。まぶたのたるみが少ない方で瞼板法の施術をご検討の方は、医師に相談の上、アフターケアの充実したクリニックを選ぶようにしましょう。

【切開法】

■施術の特徴
まぶたの余分な脂肪や皮膚を切り取り、二重ラインの生成を行う方法です。まぶた脂肪が多く、腫れぼったいタイプの二重の方に向いている施術方法です。施術方法には部分切開と全切開とがありますが、いずれもまぶたの腫れがとれるまでにはしばらく時間がかかります。お好みに応じて幅の広い末広がたの二重や、くっきりとした平行型ラインの二重を作ることができ、ほぼ永久的に保たれます。ただ、一度ラインを作るとやり直しがききませんので、やり直しが生じる可能性のある方は埋没法とともに検討されることをおすすめします。
POINT 切らない二重まぶた手術

現在、二重まぶたの治療法では埋没法の「挙筋法」が人気のようです。
メスを使わない施術法ですので、初めての二重まぶた治療をお考えの方には適しているといえるでしょう。施術の流れは、まずカウンセリングであらかじめ二重のラインをデザインし、極細の針による麻酔注射でまぶたに局部麻酔をします。超極細の糸と針を使用し、まぶたの皮膚を2~4ヶ所固定し、ラインを作ります。二重まぶた施術の中では最も施術時間が短く体への負担も少ない施術方ですので、当日に洗顔やシャワーなども可能です。

仮止めの時点でラインを修正することも可能ですので、幅の広さや長さを調整し、理想の二重ラインを作ることができます。

ページ上部へ
HOME  |  岡山、広島でおすすめの美容外科クリニック紹介  | 美容整形外科の施術について
岡山、広島の美容整形外科クリニックの選び方
ホントはどうなの?男と女の本音  | アンケート結果  | 運営会社  | このサイトについて

Copyright(c) 【2019年最新版】 比較市場 All Rights Reserved.